HOME>info>【意外と知らない】半纏と法被の違いを解説

半纏と法被は同じ?

皆さんは、半纏と法被の違いについてご存知でしょうか。同じだと思っている人や、違いがなんとなくしか分からないという人が多いと思います。まずは、半纏と法被の違いについてみていきましょう。

半纏と法被の違い

半纏

半纏は、袖が小さくて短めで胸紐がありません。冬用の半纏は綿が入っているため、モコモコとした見た目になっています。江戸時代に、武家の法被を一般庶民が着用するために真似たものが半纏の起源といわれています。

法被

法被は、袖が長めで胸紐があります。お祭りのイメージが強い法被ですが、江戸時代に武家が家紋を染めて着用していたことが起源のようです。

歴史的背景

半被

半纏は元々、江戸時代中期頃から戦後まで職人を中心に庶民の仕事着や普段着として着用されてきたアイテムです。江戸時代中期に一般庶民に羽織禁止令が出た事から、襟を折り返さず胸ひもを締めず着用する形で登場したのが法被のアレンジバージョン半纏で、当時の一般庶民の間に広まったと言う訳です。洋服文化が一般的となった戦後以降は、仕事着としての半纏の需要は一部の伝統文化を継承するジャンルの職人の間に留まっています。

若い世代からも支持

半被

最近でも綿入れの半纏を、秋から冬にかけての暖かい部屋着として着用する方は多く、以前は年配の人が着る物と言うイメージでしたが、若い世代にも密かに人気となっています。デザインや生地の素材などのバリエーションも増えており、リーズナブルな物からデニム素材などのファッション性の高い物も、注目されています。また中綿にダウンを注入した物や江戸染めを施した物、コート感覚で着こなせる物など拘りの半纏も注目されています。

ネット通販でも人気

お祭り

半纏は、格安量販店から老舗織物店までネット通販でも幅広く取り扱われている、人気ファッションアイテムになりました。上着としてだけでなく着る掛け布団タイプの半纏も人気で、自分好みのオーダーメイドもネット上で出来きるようになりました。

広告募集中